>イベント > 第1回やわつちサロン「福祉とアートとあれこれ」

第1回やわつちサロン「福祉とアートとあれこれ」

2017年09月09日 (更新:2016年9月9日)

やわつちサロンは、月に一度、東北アートとリサーチセンター(TRAC)で開かれるちいさな対話の場です。
サロンマスターは、東北リサーチとアートセンター(通称TRAC)の運営に携わっている“やわらかな土から(NOOK、311オモイデアーカイブ、エイブル・アート・ジャパン)”のメンバーが入れ替わりでつとめます。マスターたちはお茶やお菓子を持ち寄り、それぞれの活動の中で考えていることなどをゆるゆるとお話しします。みなさんも一緒に、おしゃべりしませんか?

 

第1回目はエイブル・アート・ジャパンの武田和恵とNOOK瀬尾夏美がマスターをつとめます。
前半は武田が語り手、瀬尾が聞き手になって、福祉のことやアートのことをあれこれお話ししてみたいと思います。後半は場を開いて、いらしてくださったみなさんとお茶の時間です。何かおいしいものを持っていきたいなあと思いますので、ぜひご参加くださいね。

 

 

第1回 やわつちサロン 「福祉とアートとあれこれ」

**********************************

日時: 2017年9月27日(水) 18:00-19:30

会場: 東北リサーチとアートセンター(TRAC)

サロンマスター: エイブル・アート・ジャパン 武田和恵、NOOK 瀬尾夏美

キーワード: 福祉、障害を持った人たち、生きづらさ、アート、絵画、山形、東京

参加費: 300円

主催: やわらかな土から

※開催日当日、東北リサーチとアートセンターは臨時閉室となっておりますが、本サロン開催のため17:30より開場いたします。

 

 

Tag:

記事のステータス

プロフィール

エイブル・アート・ジャパンは、「社会の芸術化、芸術の社会化」をキーワードに活動するNPO法人です。 わたしたちは1995年から「エイブル・アート・ムーブメント(可能性の芸術運動)」を提唱し、アートの可…

プロフィール

仙台市を拠点とする「土地と協働しながら記録を作る」組織。映像、写真、テキスト、イラストなどを用いた記録物の作成や、ワークショップや対話の場を通じて記録の活用の場づくりを行う。 2011年の震災以降、東…

プロフィール

東日本大震災という大災害に遭うことで気づかされた、まちの成り立ちや人々の想い出の大切さ。3.11を通して、その土地・地域の文化や独自の営みを知り伝える企画を運営、実践する。 震災前後の定点撮影を記録す…