>イベント > 【展覧会】立ち上がりの技術vol.4「レコメン堂」

【展覧会】立ち上がりの技術vol.4「レコメン堂」

2019年09月24日 (更新:2019年9月30日)

集まりました!

みんなにレコメンド《他薦》された、

いとおしき“表現のようなもの”たち

出会うとあなたの日常が、もっといとおしくなる?

 

 

2019年11月8日(金)~2019年12月26日(木)

期間中の金土日 ※ただし12月23日(月)~26日(木)は開室

13:00 ~ 20:00(最終日16:00まで)

会場:東北リサーチとアートセンター[TRAC]

入場料:無料

主催 やわらかな土から、せんだいメディアテーク(公益財団法人仙台市市民文化事業団)

企画 やわらかな土から

 

 

 

本展は、応募によって集ったレコメンバー《他薦者》が「誰かに紹介したい!」と考えた、数々の“表現のようなもの”たちによる展覧会です。

スケッチ、手芸、小説、写真、絵画、手仕事、冊子、語り、うた、音楽、行為、場づくり、まだ呼び名のないものたち。日常のなかでひっそりと生まれつづけるそれらは、つくり手本人にとっては身近すぎたりささやかすぎたりして、その価値に気づきづらいものでもあります。

けれど、ときに誰に要請されることもなく、しかし何らかの切実さを持って生まれてきた“表現のようなもの”たちの姿は、見るものを驚かし、励まします。

レコメンバーの視点を通して、まだ見ぬ誰かが生み出した“表現のようなもの”たちに出会うことで、私たちの暮らすまちや世界に確かに存在するいとおしさの一端が、あらためて見えてくるかもしれません。

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

★約50点の出品から一部をご紹介!

 

まるい田んぼ

 

つくり手:荒浜のめぐみキッチン  レコメンバー:磯崎未菜さん

推薦文

海辺の町で開墾された「まるい田んぼ」では、みんなで育てた穀物を料理して食べたり、生き物の観察をしたり、田んぼをステージにして朗読会を行ったりする。その営みは、円の形のイメージと合わさって、私たちの生命が自然の中で循環することをふと想像する。

 

 

土地との関わりの中で描かれる絵画たち

墓守り2(加茂 昂)photo:柳場大

つくり手:加茂昂さん  レコメンバー:瀬尾夏美さん

推薦文

加茂さんは、広島や水俣、福島などに長期滞在し、描く行為を通して人や土地、過去の出来事を知ろうとするなかで、絵画を立ち上げています。描かれた絵画たちが、土地の人たちや加茂さん自身を支えてくれている気がして、その関係性に惹かれます。

 

 

伊藤豊蔵さんの逐次刊行物「派」

 

つくり手:伊藤豊蔵さん  レコメンバー:細谷修平さん

 

 

本多遼の毎日の創作

「か」のことばあつめ(本多 遼さん)

 

つくり手:本多遼さん  レコメンバー:本多紀子さん

 

 

五本松神楽

 

つくり手:佐藤徳政さん  レコメンバー:千田優太さん

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

★関連イベント

いずれも予約不要・直接会場へ ※イベント中は一部の展示を見ることができません。予めご了承ください。

 

◆てつがくサロン

「表現ってなんだろう?」をテーマに、対話を通してそれぞれの考えを深めます。

11月22日(金)19:00~21:00

会場:TRAC

参加費 500円

 

◆レコメンバトル

レコメンバー《他薦者》たちが、イチオシの“表現のようなもの“をプレゼンしあうバトルです。

12月15日(日)14:00~16:00

会場:メディアテーク7階スタジオa

参加費 無料

ゲスト審査員:佐藤ジュンコさん(イラストレーター)

審査員:やわらかな土から

 

◆交流パーティ

どなたでもご参加できます!

12月15日(日) 17:00〜19:00

会場:TRAC

参加費 無料

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

【お問い合わせ先】

東北リサーチとアートセンター[TRAC]

〒980-0804 仙台市青葉区大町2丁目3-22 第五菊水ビル3階

※開室は金土日の13:00-20:00

アクセス 地下鉄東西線「大町西公園駅」東1出口(徒歩1分)

電話・FAX 022-397-7256(開室時のみ対応)

Eメール artnodeTRAC@gmail.com

ウェブサイト http://trac.smt.jp

 

 

TRAC |  仙台や東北の歴史・資源・課題などを調べ、アートや表現につなげる活動と交流のための拠点。せんだいメディアテークがアートノード事業の一環として、“やわらかな土から(NOOK、エイブル・アート・ジャパン、3.11オモイデアーカイブ)“とともに展開しています。

 

立ち上がりの技術|“やわらかな土から“の活動のコンセプト。日常にある困難やもどかしい現状から「立ち上がっていく」ための表現やその手法を見出します。

Tag:

記事のステータス

その他

TRAC(東北リサーチとアートセンター)の共同運営チーム「やわらかな土から」が、TRACを運営する上で軸にしているコンセプト。災厄に遭うことや心身におけるハンディを持つこと、マイノリティの 立場に置か…

イベント

戦争・震災・民話を伝える語り手たちを通して「語る」と「聞く」を考える展覧会です

イベント

2018年 3/23(金)— 4/22(日) 障害のある5人の作家の作品と、その背景をたどる手製の本や資料などを展示します。
参加作家:大竹徹祐、きょうこ、工藤生、塗敦子、松浦繁
会場:東北リサーチとアートセンター(TRAC) 企画:(一社)NOOK、NPO法人エイブル・アート・ジャパン

イベント

岩手・宮城・福島の沿岸の旅で出会った「とある窓」から誰かが見ていた風景をめぐる展覧会。
日程:2018年11月2日(金)〜12月24日(月・休)金土日のみ開館(ただし12/24を除く)
時間:13:00-20:00
会場:東北リサーチとアートセンター(TRAC)
入場無料