>イベント > 第13回やわつちサロン「ヨソモノとウチモノの視点②」

第13回やわつちサロン「ヨソモノとウチモノの視点②」

2018年10月11日 (更新:2018年10月11日)

やわつちサロンは、月に一度、東北リサーチとアートセンター(TRAC)で開かれるちいさな対話の場です。

サロンマスターは、TRACの運営に携わっている“やわらかな土から(NOOK、3.11オモイデアーカイブ、エイブル・アート・ジャパン)”のメンバーが入れ替わりでつとめます。

2018年からは、仕事や遊びを通して身近な存在なのだけれど、「あらためて、この人のことを知ってみたい!」という方をゲストにお招きし、じっくりお話を伺います。

 

今回のやわつちサロンは、7月に開催した「ヨソモノとウチモノの視点」の続編です。仙台市荒浜にある「海辺の図書館」の館長・庄子隆弘さんを再びゲストにお迎えします。

組織や集団、地域を構成している内なる人(=ウチモノ)と、それにもともとは属していない余所からやって来る人(=ヨソモノ)とは、はっきりと区別できないことがあり、両者には場によってグラデーションがある……前回のお話では、境界線や役割を考え、捉えなおすような問いかけが交わされました。

荒浜を訪れて活動している3.11オモイデアーカイブの佐藤正実が引き続き聞き手となって、ヨソモノとウチモノの視点について語り合います。

今回は19:30からの開催になります。お仕事帰りにどうぞお立ち寄りくださいませ!

 

***

 

第13回やわつちサロン「ヨソモノとウチモノの視点②」

日時:10月24日(水) 19:30~21:00

会場:東北リサーチとアートセンター(TRAC)

参加費:500円

ゲスト:庄子隆弘さん(海辺の図書館 館長)

サロンマスター:佐藤正実(3.11オモイデアーカイブ)

主催:やわらかな土から

 

キーワード:地域、交流、関係性、協働、訪問、土着

 

***

 

海辺の図書館とは?

仙台市荒浜地区で2014年からスタートした、荒浜の自然やまちの人々を“本”にたとえて活動している“図書館”。

震災前の暮らしを地元民に聴きながらの「まちあるき」や、波の音が聴こえるベンチでの読書や楽器の演奏、石窯ピザ作りやBBQなどの、さまざまな楽しみを“本を読むように”体験していく場。

地域活動の実践にも取り組んでいる。荒浜の地元民や、荒浜をこよなく愛する人々が集まって日々活動中。

http://umibe.org/

Tag:

記事のステータス

プロジェクト

「東北リサーチとアートセンター(通称TRAC)」は、仙台や東北の歴史・資源・課題などを調べ、アートや表現につなげる活動と交流のための拠点です。せんだいメディアテークが地域で展開するアートプロジェクト「…

その他

TRACを運営するパートナーのご紹介

その他

やわつちサロンは、月に一度、東北アートとリサーチセンター(TRAC)で開かれるちいさな対話の場です。みなさんも一緒に、おしゃべりしませんか?