>レポート > 【レポート】TALK 「行動するアートとは何か?── 今年開催 された重要な国際展(ヴェネツィア・ビエン ナーレ、ドクメンタ、イスタンブール・ビエンナー レ)から浮かび上がる現代アートの未来」

【レポート】TALK 「行動するアートとは何か?── 今年開催 された重要な国際展(ヴェネツィア・ビエン ナーレ、ドクメンタ、イスタンブール・ビエンナー レ)から浮かび上がる現代アートの未来」

2017年12月17日 (更新:2017年12月17日)

美術批評家の市原研太郎さんをお招きし、青葉区錦町にある、「仙台藝術舎/creekアトリエ」にてTALKを開催しました。

creekは、主に20~30代の、藝術について、学び、行動したいと集まった生徒が通っている私塾で、今回はcreekの生徒からも多数参加申込がありました。13時から始まり3時間半、関連企画も含めると7時間(休憩含む)のトーク・レクチャー。

毎年数多くの国際美術展を訪れ、美術批評でアクション・ 行動を起こし続ける市原研太郎氏に、ドクメンタ、ヴェネツィア・ビエンナーレ等の主だった作品や、その中でも特に社会性のある作品について、映像や写真とともに解説していただき、そこから、今後、どのように行動・行為・表現していくべきかをお話していただきました。

 

第二部の関連企画では、市原氏と、美術家の井口大介氏を講師に、「続・行動するアートとは何か?─ アートにおけるシンギュラリティ(特異性)と抵抗」と題し、creek の生徒、来場者と共にこれからのアートについて考え意見交換しました。私達が現実社会で生きるなかで、それぞれがその状況に抵抗する意思=表現を生み出し、そこにシンギュラリティ・特異性を見出し、そのことを積極的に肯定できるのか。

二部を通して、アートで何ができるのか、アートはなぜ必要なのか、アートとは何か、を考えなおす機会になったと思います。 長時間のため、参加しづらい等のではないかという不安もありましたが、参加者からは、時間をかけてお話していたたぎ、足りないと感じるくらいだったという声もありました。

ご来場ありがとうございました。

 

文章: 関本欣哉(Gallery TURNAROUND、本トーク企画者)

———————————-

 

◆第一部|TALK

行動するアートとは何か?── 今年開催された重要な国際展

    (ヴェネツィア・ビエンナーレ、ドクメンタ、イスタンブール・ビエンナーレ)から浮かび上がる現代アートの未来」

出演:市原 研太郎(美術批評家)

 

◆第二部|関連プログラム(仙台藝術舎/ creek 公開講座)

「続・行動するアートとは何か?── アートにおけるシンギュラリティ(特異性)と抵抗」

出演:市原 研太郎(美術批評家)

   井口 大介(美術家)

司会: 関本 欣哉(TURNAROUND)

 

開催日 2017年12月9日(土)

 

会場 仙台藝術舎/ creek アトリエ

 

Tag:

プロジェクト

現代アートやその周辺領域で活動されている方をお招きし、自身の制作での経験に基づいた考えをお話しいただくトークイベントです。せんだいメディアテークが、仙台で活動するパートナーとともに開催します。アートは…

イベント

2017年12月9日(土)13:00 – 16:30 会場:仙台藝術舎/ creek アトリエ 入場料 1,000 円( 定員30名 、 要事前申し込み)*飲食物持ち込み可
出演:市原 研太郎(美術批評家) 井口 大介(美術家)※関連プログラムのみ

プロフィール

市原 研太郎(いちはら けんたろう) 1949 年生まれ。京都大学卒業。80 年代後半より美術評論を始め、美術雑誌、新聞、展覧会カタログに幅広く寄稿。 著書に、『ゲルハルト・リヒター/光と仮象の絵画』…

プロフィール

「アートノードTALK」企画・運営。ギャラリー「ターンアラウンド」オーナー。1975年宮城県仙台市生まれ。東京芸術専門学校(TSA)卒。90年代後半よりアート作品の制作、発表をはじめる。2010年より…