>レポート > 【レポート】TALK Chim↑Pom「アフタースペクタクル」

【レポート】TALK Chim↑Pom「アフタースペクタクル」

2017年09月23日 (更新:2017年9月23日)

会場は青葉区錦町にある、「仙台藝術舎/creekアトリエ」。普段は主に20-30代を対象にした藝術を学ぶ私塾を行っている場所。

日本のみならず海外でも注目されている「Chim↑Pom」(メンバーから卯城竜太氏、稲岡求氏が参加)と、石巻市で今年開催されたリボーンアートフェスティバルの制作委員を務める和多利浩一氏(スカイプで参加)を迎え、主に、リボーンアートで展示されている被災者の涙を冷凍保存する作品「ひとかけら」や、トーク時に東京・高円寺で開催されていた展覧会について、映像や写真を交えてのトーク。後半は来場者からの質問も受付け、通常のトークイベントより多くの質問が出た印象。

 

 

常に現代社会に全力で介入し、強い社会的メッセージを持つ作品を次々と発表している彼らの、作品と、それに関わる人間に対する向き合い方、 捉え方を真摯に解説していただきました。来場者の多くが気になっていたであろう、彼らの表現者としての姿勢を短い時間でしたが知ることができたと思います。和多利氏からは、彼らの作品やリボーンアートフェスティバルについてのお話もいただき、会期も残り10日程でしたが、来場者の中には、興味をもったので石巻へ行き、チンポムの作品を観たいという方もいらっしゃいました。

 

文章: 関本欣哉(Gallery TURNAROUND、本トーク企画者)

——————————-

TALK Chim↑Pom「アフタースペクタクル」

 

出演  Chim↑Pom(アーティストコレクティブ)

聞き手 和多利浩一(キュレーター/Reborn-Art Festival 制作委員,ワタリウム美術館)

進行   関本欣哉(Gallery TURNAROUND

 

2017 年 8 月 30 日( 水)19:00-21:00 開場18:40

会場 仙台藝術舎/ creek アトリエ(仙台市青葉区錦町2-5-49-1F)

Tag:

プロジェクト

現代アートやその周辺領域で活動されている方をお招きし、自身の制作での経験に基づいた考えをお話しいただくトークイベントです。せんだいメディアテークが、仙台で活動するパートナーとともに開催します。アートは…

イベント

2017年8月30日(水) 19:00-21:00  会場:仙台藝術舎/ creek アトリエ 入場料 1,000 円 (定員35 名 、要事前申込)
出演:Chim↑Pom(アーティストコレクティブ)  聞き手 :和多利浩一(キュレーター/Reborn-Art Festival 制作委員,ワタリウム美術館) 進行:関本欣哉(Gallery TURNAROUND)

プロフィール

  Chim↑Pom  アーティストコレクティブ http://chimpom.jp/   卯城竜太・林靖高・エリイ・岡田将孝・稲岡求・水野俊紀が、2005年に東京で結成したアーテ…

プロフィール

「アートノードTALK」企画・運営。ギャラリー「ターンアラウンド」オーナー。1975年宮城県仙台市生まれ。東京芸術専門学校(TSA)卒。90年代後半よりアート作品の制作、発表をはじめる。2010年より…