>レポート > 【レポート】立ち上げ式 初日活動日 「ワケあり雑がみ部」

【レポート】立ち上げ式 初日活動日 「ワケあり雑がみ部」

2017年11月09日 (更新:2017年11月9日)

 

2017年11月5日は、アーティスト藤浩志さんが部長を務める「ワケあり雑がみ部」の初回活動日でした。この日は17名の方が集まって、活動をスタート。
藤さんによるガイダンスと自己紹介後、それぞれが好きな雑がみを持ち寄り、藤さんが音頭を取りながら造形活動にとりかかりました。
当初予定していた2時間半の活動時間はあっという間。急遽時間を延長して制作を続け、選んだ雑がみを1階ガラス面に展示したところでお開きとなりました。

 

年齢立場もさまざまなら、参加した動機も、お気に入りの雑がみもさまざまな。目の前にあるモノをいじりながら考えるという体験に、熱中して取り組まれていました。
これから毎週金曜・土曜に部活を開催しますが、何が生まれてくるのか今からワクワクしますね。

 

※参加した方の作品は、1階ガラス面および、ガラスの桟の上に展示しています。来館された際にぜひご覧ください。

Tag:

プロジェクト

不要物を利用した作品やシステムづくりで知られるアーティストの藤浩志によるプロジェクト。仙台市のごみ分別区分のひとつである「雑がみ」をテーマとして、市民参加型の部活動「ワケあり雑がみ部」の活動や、作品制…

レポート

  2017年11月5日は、アーティスト藤浩志さんが部長を務める「ワケあり雑がみ部」の初回活動日でした。この日は17名の方が集まって、活動をスタート。 藤さんによるガイダンスと自己紹介後、そ…

プロフィール

美術家 プロジェクトディレクター 1960年鹿児島生まれ。京都市立芸術大学在学中地域社会を舞台とした表現活動を志向し「京都情報社」を設立。京都市内中心市街地や鴨川などを使った「アートネットワーク&#8…