>レポート > 【TALKレポート】コロナ禍における舞台芸術はどうだったのか/どうなるのか

【TALKレポート】コロナ禍における舞台芸術はどうだったのか/どうなるのか

2021年03月19日

世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症。
感染拡大防止のために「不要不急」の外出自粛が求められ、舞台芸術の世界でも公演中止や延期が相次いだ。
企画から何年もかけて組み立てた公演が中止になる悔しさ/苦しさはあまり理解されず、それよりも「文化芸術こそ、不要不急ではないか」と世間から言われているような感覚だった。「演劇は不要不急ではないか」という問いかけに向き合ったこの一年。その答えはそれぞれバラバラだとしても、多くの演劇人の意識を根底から変えたと思いたい。

今回のTALKでは「コロナ禍における舞台芸術はどうだったのか/どうなるのか」を主題として、仙台での演劇活動を振り返りながら、舞台芸術界の課題や今後について多様なゲストと話し合った。
第一部では、仙台から俳優で演出家の渡部ギュウ氏、俳優の本田椋氏のお二人をお招きし、第二部では、舞台照明家の松本大介氏、まつもと市民芸術館の芸術監督補佐を務める水戸雅彦氏、フェスティバル・トーキョーのディレクターを務める長島確氏をオンラインでお招きした。
さまざまな立ち位置から見た「舞台芸術の現在と未来像」についての言葉は、立ち止まりそうになっていた自分の背中を押してくれた。

このコンテンツが困っている人の何かの助けになると信じている。

文章:大河原 準介(演劇企画集団LondonPANDA 主宰)

//////////////////////////////////////////////////////

●トークの様子は下記からご覧いただけます

【せんだいメディアテーク・オンライン】
TALK 「コロナ禍における舞台芸術はどうだったのか/どうなるのか 第一部」
TALK 「コロナ禍における舞台芸術はどうだったのか/どうなるのか 第二部」

/////////////////////////////////////////////////////

 

Tag:

プロジェクト

現代アートやその周辺領域で活動されている方をお招きし、自身の制作での経験に基づいた考えをお話しいただくトークイベントです。せんだいメディアテークが、仙台で活動するパートナーとともに開催します。アートは…

レポート

2020年8月23日(日)に「コロナ対応 TALK『宮城県文化関係者アンケートの結果から見えるもの』」をboxes.incで開催した。 ゲストは宮城県アンケートチームから、からだとメディア研究室の千葉…

レポート

写真集「きみのせかいをつつむひかり(あるいは国家)について」を出版した一之瀬ちひろさんと、恵比寿映像祭で「空に聞く」が上映された 小森はるかさん。 二人が作品と向き合う過程で繰り返し考えてきたことや、…

レポート

写真家・志賀理江子が仙台市のインディペンデント書店と共同で2019年秋から始動したプロジェクト、「Independent Bookstore Print Editions」。 作品を展示販売する参加店…

レポート

「南極を知る −人が住める環境とは− 」は2020年12月15日(火)〜20日(日)に、ギャラリー SARPで行われた子どものアトリエ「アトリエ サタチ展」の中の「プチ南極体験」の関連イベントとして行…

イベント

2020年12月19日(土)10:30〜12:00|ゲスト:廣瀬悠一(フリーランスエンジニア)|参加費:無料|定員:10名(先着順/要予約)|会場:FabLab SENDAI – FLAT