>レポート > 【TALKレポート】Independent Bookstore Print Editions 作家が作品を売ることについて、またその試み。

【TALKレポート】Independent Bookstore Print Editions 作家が作品を売ることについて、またその試み。

2020年12月18日 (更新:2020年12月18日)

写真家・志賀理江子が仙台市のインディペンデント書店と共同で2019年秋から始動したプロジェクト、「Independent Bookstore Print Editions」。

作品を展示販売する参加店とサポートを担うギャラリストが会し、スタートから一年を経たタイミングでトークをおこなった。
「本屋とともに生きていたい」という志賀の言葉から始まり、アボリジニの地面に文字を刻む話まで、話題は縦横に飛んだ。

「なぜ作品は高いのか」というストレートな質問に対する、菊竹の答えは示唆に冨んでいるが、それを肯定しきれない志賀の逡巡も
現代的な悩みを表出していた。
国内外で活躍する写真家がなぜ今、本屋でオリジナル作品を制作し販売しようと思ったのか。そしてどんな手応えと難しさを感じて
いるのか、未来はどう見えるのかを率直に語り合った2時間となった。

 

文章:前野 久美子(book cafe 火星の庭)

 

●トークの様子は下記からご覧いただけます
【せんだいメディアテーク・オンライン】Independent Bookstore Print Editions 作家が作品を売ることについて、またその試み。

 

Tag:

プロジェクト

プロフィール

「アートノードTALK」企画・運営。「book cafe火星の庭」店主。1969年福島県生れ。調理師、出版社・書店勤務等を経て、2000年に夫の前野健一さんと、古書店と喫茶が融合した「book caf…

プロフィール

写真家。1980年愛知県生まれ、宮城県在住。2006年に宮城県に移り住んで以来、写真というメディアとは何か、土地とともにある暮らしと表現とは何かについて、自問と追求により写真制作を行っている。おもな展…

プロフィール

令和元年9月にオープンした本屋。店長の菅原匠子氏*が培ってきた視点により、地元のアーティストをはじめとし国内外のアートブックを中心に取り扱っている。出版物として完成された本だけでなく、本の制作プロセス…

レポート

写真集「きみのせかいをつつむひかり(あるいは国家)について」を出版した一之瀬ちひろさんと、恵比寿映像祭で「空に聞く」が上映された 小森はるかさん。 二人が作品と向き合う過程で繰り返し考えてきたことや、…

レポート

2020年8月23日(日)に「コロナ対応 TALK『宮城県文化関係者アンケートの結果から見えるもの』」をboxes.incで開催した。 ゲストは宮城県アンケートチームから、からだとメディア研究室の千葉…