>レポート > 【レポート】TALK 「台湾インディペンデントシーン、進化するリトルプレス」

【レポート】TALK 「台湾インディペンデントシーン、進化するリトルプレス」

2017年09月07日 (更新:2017年9月7日)

 

台湾と東京からゲストをお迎えして行ったトークイベント「台湾のインディペンデントシーン、進化するリトルプレス」

2部構成の形で、前半は、台湾・高雄市「三餘書店」の書店員・陳瑩羽さん(日本名なおちゃん)が登場。なおちゃんが用意してくれた多数の写真をスクリーンに映し出しながら「book cafe 火星の庭」の前野久美子が聞き手となって、日本語もとても上手ななおちゃんに、台湾の書店、出版、本をめぐってお話いただきました。

台湾では個人経営の書店を独立書店と呼びますが、その数が1800店あるというのに驚きました。ちなみに台湾の大きさは九州とほぼ同じくらいです。ユニークな形態の書店が多く、なおちゃんが働く三餘書店は、歴史学者、建築家、デザイナーなど本業を別に持つ四人の共同経営というスタイルです。本を売るだけでなく、貸し出し、出版や地域コニュミティーの拠点になっていたり、日本よりも本屋の発想が自由で幅広いと感じました。

dav

後半は、台湾で活躍するイラストレーター永岡裕介さん、東京・タコシェの店長、中山亜弓さん、東京・ポポタムの店長、大林えり子さん の3人が登場。

タコシェ、ポポタムは台湾発のzinの取扱いも多く、今回火星の庭で陳列販売している台湾のzinは全て御二方のセレクトによるものです。

中山さん、大林さんは台湾の小規模な出版物、zin、リトルプレスの魅力を語っていただき、永岡さんは、台湾で活動するイラストレーターならではの視点から、台湾の若い世代を中心としたイラストレーター、クリエイターの方々や、彼らの作る場、店の数々について、配布資料や、スライド映写を多数用いて、ライブ感あふれるレポートを聞かせていただきました。

 

会場には予想を大きく上回るたくさんのお客様にご来場いただきました。

台湾、韓国出身の人達の参加もあり、終了後もしばらく歓談が続き、活発な交流も見られました。

台湾カルチャーへの関心の高さを強く感じる、熱く、充実したひとときとなりました。

 

レポート:前野久美子(book cafe 火星の庭)※本イベント企画者

 

———————————————————————

2017年8月27日(日) 18:30~20:30(開場18:00)

 会場:book cafe 火星の庭(宮城県仙台市青葉区本町1-14-30)

出演:永岡裕介(イラストレーター)

   陳瑩羽(三餘書店)

   中山亜弓(書店タコシェ)

聞き手:大林えり子(ブックギャラリーポポタム店主

 

dav

 

Tag:

プロジェクト

現代アートやその周辺領域で活動されている方をお招きし、自身の制作での経験に基づいた考えをお話しいただくトークイベントです。せんだいメディアテークが、仙台で活動するパートナーとともに開催します。アートは…

イベント

2017年8月27日(日) 18:30~20:30(開場18:00) book cafe 火星の庭 1500円+1ドリンク 要予約30名
出演:永岡裕介((イラストレーター) 陳瑩羽(三餘書店) 中山亜弓(書店タコシェ) 聞き手:大林えり子(ブックギャラリーpopotame)

プロフィール

「アートノードTALK」企画・運営。「book cafe火星の庭」店主。1969年福島県生れ。調理師、出版社・書店勤務等を経て、2000年に夫の前野健一さんと、古書店と喫茶が融合した「book caf…