>レポート > 【レポート】 TALK 翻訳家・柴田元幸の朗読&トーク 『言葉の中へ』

【レポート】 TALK 翻訳家・柴田元幸の朗読&トーク 『言葉の中へ』

2018年03月29日 (更新:2018年3月29日)

 

 

2018年3月23日、青葉区本町のbook cafe 火星の庭を会場に、翻訳家の柴田元幸さんを迎えたトーク&朗読のイベントを開催しました。

——————-

 

春分を過ぎた金曜の夜。 柴田さんを待ちわびる人たちで満員の会場に、
本棚の奥からふらっと柴田さんが現れました。

 

ポール・オースターを特集した『MONKEY』 創刊号の話から始まり、
雑誌の編集方法や号ごとの特集とエピソードなどを紹介しながらトークは進みました。

ときおり挟まれる朗読は、 声が発せられた途端に
別世界へ連れて行かれるような臨場感のあるもので、 マイクを通さない生の声を
皆さん、耳をそばだてて聞いていました。

 

後半の質疑応答も活発に交わされ、 その中で朗読の時に心がけていることは何かという質問に対して、
「文のすべてをきっちりちゃんと読むのではなく、 訳しているから重要なところと
さらっと読むところがわかる。」と答えていたのが印象的でした。

言葉と一体化しているような朗読は、 翻訳者ならではのものであるということなのでしょう。

 

ほとんどの方がアンケートを提出してくださり、 感想もたいへん好評でした。
『言葉の中へ』のタイトル通り、 言葉とパフォーマンスのイメージの喚起力を堪能した時間でした。

 

文章:前野久美子(book cafe 火星の庭、本トーク企画者)

 

 

———————————-

出演 :柴田元幸(翻訳家)

日時:2018年3月23日(金)

会場:book cafe 火星の庭(仙台市青葉区本町1-14-30-1F)

 

 

Tag: