>イベント > TALK ふたりの写真家「記録と記憶・語り始める風景」

TALK ふたりの写真家「記録と記憶・語り始める風景」

2019年10月16日 (更新:2019年10月16日)

佐々木徳朗(写真家・農家)

佐々木隆二(写真家)

聞き手/小岩勉(写真家)

 

2019年12月7日(土)14:00-16:00

参加費500円

定員30名

先着順・直接会場へ

※定員を超えても入場できますが、立ち見になる場合があります。

 

会場

SARP:仙台アーティストランプレイス・スペースB

仙台市青葉区錦町1-12-7 門脇ビル1F

 

——————————

 

宮城・岩手と続く三陸は、点在する港町と農林業を主とした中山間地域で構成されています。

気仙沼市の西部に位置し、平野の周縁から始まる水梨地区も他の三陸同様、稲作や林業の他、葉たばこや養蚕も生業としてきました。

 

戦後日本の縮図とも言えるこの土地を、半世紀を超えて撮り続けてきた写真家の兄弟がいます。

兄・佐々木徳朗は高校卒業後、家業の農業に従事しながら水梨の「記録」を続け、水梨を取り囲む自然と、そこに暮らす人々の行為を丹念に記録し、展示や写真集として発表してきました。

一方で、弟・隆二は、気仙沼を離れて仙台に暮らしながら、折に触れて水梨を撮り続けてきました。それは、かつて生まれ育った土地の「記憶」を映像化する行為にも見えます。

 

「記録」も「記憶」も、あらかじめ写真に内包されたものだと言えます。それでは、ふたりの写真家の違いはどこにあるのでしょうか。そして、ふたりを写真に駆り立てたものは何だったのでしょうか。

残してきた写真が、遙か先に何を語り、何を私たちに伝えていくのか。写真を前に、初めて公開の場で語っていただきます。

 

——————————

 

同会場にて関連企画展も開催

「ふたりの写真家/佐々木徳朗 × 佐々木隆二」展

2019年12月3日(火)〜12月8日(日)

11:00-19:00 ※最終日17:00まで

入場無料

※トーク開催中は、展示のみをご覧いただけない場合がありますのでご注意ください。

 

——————————

 

佐々木徳朗(ささき・とくろう)

1935年気仙沼市生まれ。高校時代、下宿の会社員から写真を教わる。家業の農業に従事しながら、水梨地区の人々の暮らしと風景を65年以上記録し続けている。

写真展に「百姓日記」(リアス・アーク美術館)など、個展、グループ展多数。写真集に『百姓日記』『ふるさとの萱葺き屋根』『続百姓日記』。2013年には『新百姓日記』を出版。

 

佐々木隆二(ささき・りゅうじ)

1940年気仙沼市生まれ。仙台市在住。「沢内甚句」「宮城庶民伝」「少年」「賢治の宮城」「回転木馬」や、戦争体験者21人に撮影・取材した個展「いのち」を1990年と2015年に開催するなど、故郷・水梨の作品も多数発表。河北新報に「バス日和」「水の歳時記」を連載。

著書に『宮城庶民伝』(NHK出版/共著)。写真集に、『風の又三郎』(書森舎)。

 

——————————

アクセス

●地下鉄 南北線勾当台公園駅下車、徒歩約7分

●JR 東北新幹線/東北本線/仙石線/仙山線ともに仙台駅下車、徒歩約15分

 

——————————

 

[当イベントについてのお問い合わせ]

TEL:090-8788-5474(小岩)

E-mail:koiwa@jcom.home.ne.jp

 

[アートノードについてのお問い合わせ]

せんだいメディアテーク 企画・活動支援室

TEL:022-713-4483

E-mail:artnode@smt.city.sendai.jp

 

——————————

 

企画運営 小岩勉/NEU FILM

主催 せんだいメディアテーク(公益財団法人仙台市市民文化事業団)

 

Tag:

記事のステータス

プロジェクト

現代アートやその周辺領域で活動されている方をお招きし、自身の制作での経験に基づいた考えをお話しいただくトークイベントです。せんだいメディアテークが、仙台で活動するパートナーとともに開催します。アートは…

プロフィール

小岩勉(こいわ・つとむ)   「アートノードTALK」企画・運営。写真家。1962 年 岩手県一関市生まれ。1986 年   宮城教育大学小学校教員養成課程卒業。 個展開催多数。写真集『女川…