>レポート > 【レポート】ワケあり雑がみ部 6月の活動

【レポート】ワケあり雑がみ部 6月の活動

2024年07月09日 (更新:2024年6月28日)

◉2024年の雑がみ部始動!

今年最初の活動は、活動を心待ちにされていた常連の部員さんと、大学の学生さんらが参加され、平日ながらとても賑やかな雰囲気のなか始まりました。

途中に部員さん同士作った作品を紹介する時間も。楽しくてつい夢中で作業してしまいますが、休憩がてら交流のひとときとなりました。

 

 

◉箱バッシャーン!

なかなか思った材料が見つからない!そんな時はたくさんの雑がみが入った箱をみんなでひっくり返します。

床一面の雑がみは見ているだけでワクワクして、思わず飛び込んでしまいたくなりますね。

部員さんがどんどん材料を手に取っていかれ、箱を見てアイディアが浮かんだという方もいらっしゃいました。

 

◉素材を生かして

一円、五円、十円…と書かれたフタを開けてみると、小銭を分けられる貯金箱に!

 

細長いラップの箱の電車は、中にロングシートの座席!と細かく作り込まれています。

 

稲庭うどんの和風の包装紙から着想を得て着物を作られた部員さんもいらっしゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この細く切られた雑がみは一体何になるのでしょう…?

 

◉お知らせ

次回の雑がみ部は、7月12、13日10:30〜16:00、場所はスタジオbで開催です。誰でも参加でき、出入りも自由です。

雑がみを持ってくるだけ、分別するだけ、他の人の作品を見るだけ、お家で工作する材料を持って帰るだけでも大歓迎です。

ぜひ、遊びに来てください!

https://artnode.smt.jp/event/20240520_12017

Tag: