>レポート > 【レポート】TALK 村越としや× 村中修 自主ギャラリーと写真

【レポート】TALK 村越としや× 村中修 自主ギャラリーと写真

2017年11月21日 (更新:2017年11月20日)

 

商業ギャラリーとは距離を置く「自主ギャラリー」と呼ばれるギャラリーがあります。本企画は、森山大道や瀬戸正人といった写真の自主ギャラリーの影響を受けつつTAPギャラリーを設立した写真家、村越としやと、70年代からの関西の写真事情、写真教育の現場に詳しく、大阪写真月間の代表でもある写真家、村中修をゲストに迎え、これまで各地で生まれては消えていった、自主ギャラリーが生まれる理由は何なのか。なぜ消え、それでもまた生まれるのかについて、語っていただきました。

そこには、運営に伴う経済的な困難さがあるものの、それを超える自分たちの作品発表の場をつくりたい、そして次の世代への橋渡しをして行きたいという強い意志が感じられました。

 

 

折しも仙台では、今春に写真専門ギャラリーが閉廊し、新たに今回の会場であるFIKA café・artがオープンする中、ゲストと会場への関心は非常に高く、予想を超える来場者数になりました。また、トーク終了後も、作家や来場者の交流の中で、発表の場を自ら持つことについての賛否や、ギャラリーの運営について、多くの質問や情報交換が行われていました。

自主ギャラリーが生まれて消え、また生まれることは、無くなり途絶えるということではなく、写真の一つの系譜として継続しているということなのかもしれません。

 

文章:小岩勉(仙台写真月間、本トーク企画者)

 

———————————

TALK 村越としや× 村中修 自主ギャラリーと写真

 

【トーク】

2017年11月3日(金・祝) 14:00-15:30

 

【関連展示】

村越としや「月に口笛」 2017年10月 31日 – 11月 5日

村中  修 「光の記憶」 2017年11月 7 日 – 11月 12日

 

会場 FIKA cafe・art [ フィーカ カフェ・アート]

仙台市太白区大野田5 丁目38-6 リムスクエア1F ( 地下鉄南北線富沢駅そば)

 

Tag:

プロジェクト

現代アートやその周辺領域で活動されている方をお招きし、自身の制作での経験に基づいた考えをお話しいただくトークイベントです。せんだいメディアテークが、仙台で活動するパートナーとともに開催します。アートは…

イベント

2017年11月3日(金・祝) 14:00-15:30  会場:FIKA cafe・art 参加無料/先着25 名(予約不要)
出演:村越としや(写真家・TAP ギャラリー設立発起人) 村中 修(写真家・大阪写真月間代表)

プロフィール

1954 年生まれ。京都市在住。関西学院大学/大阪写真専門学校卒。日本写真協会会員。現在、ビジュアルアーツ専門学校大阪校学校長、大阪写真月間実行委員会代表。個展に「NUDE STUDY」大阪府立現代美…

プロフィール

1980 年福島県須賀川市生まれ。日本写真芸術専門学校卒。2009 年、東京・清澄白河に自主ギャラリー「TAP」を設立。2011 年日本写真協会賞新人賞、2015 年さがみはら写真新人奨励賞受賞。東京…

プロフィール

小岩勉(こいわ・つとむ)   「アートノードTALK」企画・運営。写真家。1962 年 岩手県一関市生まれ。1986 年   宮城教育大学小学校教員養成課程卒業。 個展開催多数。写真集『女川…