>イベント > アートノード・ミーティング03 川俣正の「みんなの橋」プロジェクト

アートノード・ミーティング03 川俣正の「みんなの橋」プロジェクト

2017年06月27日 (更新:2017年6月27日)

アートノード・ミーティング03 川俣正の「みんなの橋」プロジェクト

出演 川俣 正( アーティスト)

   甲斐 賢治 (せんだいメディアテーク アーティスティック・ディレクター)

2017年8月11日(金・祝)13:30-15:00

参加無料・申込不要・直接会場へ

会場 せんだいメディアテーク 1階オープンスクエア

—————————————– 

地域で展開するアートプロジェクト「アートノード」にまつわるあれこれを公開し、

より多くの意見や視点を得て、その意義をみなさんとともに深めていくイベントです。

今回はアーティストの川俣正氏が東日本大震災の津波被災地区で橋をかける「みんなの橋プロジェクト」について紹介します。

このプロジェクトは、仙台市沿岸部の新浜地区の運河に、橋の機能を持った作品を制作するもので、

「人道橋が津波で流されて困っている」という住人の思いを川俣さんが聞いたことから始まりました。

浜辺と海をつなぐ橋は、住人にとっての橋の機能を果たすだけでなく、震災の記憶と私たち自身を結びつけるための伝承の道筋となる可能性も持っています。

被災地に関心や交流を引き寄せ、新たな希望を見いだそうとするこの取り組みについてお話しします。

 

—————————————– 

川俣 正(かわまた・ただし)

1953年北海道三笠市出身。1982年第40回ヴェネツィア・ビエンナーレ、1987年ドクメンタ8など国外での出品多数。

2005年には横浜トリエンナーレ総合ディレクター。東京藝術大学先端芸術表現科立ち上げに主任教授として着任。

現在はフランス、パリ国立高等芸術学院の教授。既存の美術表現の枠組みを超えていく試みを実践してきた。

建築や都市計画、歴史学や社会学、日常のコミュニケーション、あるいは医療にまで及ぶ分野とかかわり、海外でもっともよく知られている日本人アーティストのひとり。

—————————————-

お問い合わせ せんだいメディアテーク 企画・活動支援室

TEL : 022-713-4483 / E-mail: artnode@smt.city.sendai.jp

https://www.smt.jp/  https://artnode.smt.jp/

—————————————-

主催 せんだいメディアテーク(公益財団法人 仙台市市民文化事業団)

助成 損保ジャパン日本興亜「SOMPO アート・ファンド」(企業メセナ協議会 2021 Arts Fund)

—————————————-

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-03-22-16-19-47

「アートノード」とは  https://artnode.smt.jp

2016年度よりスタートした「せんだい・アート・ノード・プロジェクト」の略称です。

「優れたアーティストのユニークな視点と仕事」と、地域の「人材、資源、課題」をつなぐ、せんだいメディアテークのプロジェクト。

このミーティングも取り組みの一つです。

—————————————-

会場アクセス

当館のアクセスページをご覧ください

https://www.smt.jp/info/access/#03

写真 川俣正 「みんなの橋」イメージスケッチ

Tag:

記事のステータス

プロジェクト

いわゆる現代アートでは、絵画、彫刻やパフォーマンス、プロジェクト型など、さまざまな形式をもった作品が展開されています。アートノードでも、これから複数のアーティストが仙台で滞在制作をおこなう予定ですが、…

プロジェクト

アーティスト:川俣 正 世界的に活躍するアーティスト川俣正氏によるプロジェクト。その作品制作に向けたリサーチを開始しました。これまで世界各国で取り組んできた数々のプロジェクトの実績を活かし、仙台ならで…

プロフィール

1953年北海道三笠市生まれ。1982年第40回ヴェネツィア・ビエンナーレ、1987年ドクメンタ8ほか出品多数。2005年横浜トリエンナーレ総合ディレクター。1999年東京藝術大学先端芸術表現科主任教…

レポート

「アートプロジェクト」という言葉が日本で使われ始めた80年代からその先駆けとなる活動を行ってきたアーティスト川俣正さんにお話を伺いました。