>その他 > 【アーカイブ】亜炭香古学~足元の仙台を掘りおこす

【アーカイブ】亜炭香古学~足元の仙台を掘りおこす

2018年06月16日 (更新:2018年6月16日)

 

仙台の地域資源「亜炭と埋木」をテーマに、平成24年~27年に美術家・伊達伸明氏が実施したアートプロジェクト。
アンケートやフィールドワークなど調査を行ったほか、亜炭・埋木を素材に、ものづくり活動やまち歩き、展覧会などのイベントを行いました。また調査内容やイベントレポートをまとめた新聞「亜炭香報」を発行しました。

※平成30年実施のイベント「千年のしらべ 瑞巌寺・埋木書院一日鑑賞会」は、この事業を引き継ぎ行われるものです。

▶新聞「亜炭香報」1~10号
下記ウェブサイトからダウンロードできます。

亜炭香報/イベントレポート(ブログ)

▶実施概要

2012年度 亜炭香古学
https://artnode.smt.jp/atan2012/
2013年度 亜炭香古学
https://artnode.smt.jp/atan2013/
2014年度
・足元スイッチ
https://artnode.smt.jp/atan2014_ashimoto/
・おちぼひろい(亜炭香古学とは別の伊達氏の活動を紹介するイベント)
https://artnode.smt.jp/atan2014_ochibo/
2015年度 亜炭香古学の展覧会「山のひかり 川のほし」
https://artnode.smt.jp/atan2015/

※展示記録をまとめた小冊子「よりぬき亜炭香報」は仙台市民図書館で閲覧可能です。

 

 

Tag:

イベント

建物内部の見学、由来や材料についてのお話の後、埋木製弦楽器の音色を味わいます。
ゲスト:堀野宗俊(瑞巌寺宝物館顧問)、松浦丹次郎(埋木研究者)、伊達伸明(美術家)
平成30年8月26日(日)11:50~16:00 ※要事前申込(〆切7月27日必着)応募多数の場合抽選。参加費:大人700円、小人400円 

プロフィール

美術家、「建築物ウクレレ化保存計画」主宰。1964年兵庫県生まれ、大阪育ち。京都市立芸術大学美術学部大学院工芸科修了。2000年より取り壊される建物から生活痕の残る材料を用いてウクレレを制作し、肌合い…