>イベント > せんだい・アート・ノード・プロジェクト  川俣正「みんなの橋プロジェクト」活動報告展示

せんだい・アート・ノード・プロジェクト  川俣正「みんなの橋プロジェクト」活動報告展示

2017年12月28日

     

 

会期:2018年1月12日(金)~2月18日(日)9:00~22:00 ※1月25日(木)休館

会場:せんだいメディアテーク 7Fラウンジ (仙台市青葉区春日町2-1)

入場無料

 

東日本大震災により大きな被害を受けた仙台市沿岸部。そこに流れる「貞山運河」に沿って展開される、川俣正による長期プロジェクト「仙台インプログレス」。「橋が津波で流されて運河を渡れなくなった」という話を聞いたことをきっかけに川俣正が構想したのが、新浜地区で進行している「みんなの橋プロジェクト」です。

橋の機能を持った作品制作に向けて、2017年は交流プログラムや橋の構想ワークショップなどを重ねました。本展では、ワークショップで大学生や小学生が作った橋の模型、映像による活動記録などとともに、川俣氏の作る橋の構想模型をご覧いただけます。

 

——————–

川俣正

1953年北海道三笠市生まれ。1982年第40回ヴェネツィア・ビエンナーレ、1987年ドクメンタ8ほか出品多数。2005年横浜トリエンナーレ総合ディレクター。現在はフランス、パリ国立高等芸術学院の教授。既存の美術表現の枠組みを超えていく試みを実践してきた。建築や都市計画、歴史学や社会学、日常のコミュニケーション、あるいは医療にまで及ぶ分野とかかわり、海外でもっともよく知られている日本人アーティストのひとり。

 

———————————

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-03-22-16-19-47

「アートノード」とは  https://artnode.smt.jp

2016年度よりスタートした「せんだい・アート・ノード・プロジェクト」の略称です。

「優れたアーティストのユニークな視点と仕事」と、地域の「人材、資源、課題」をつなぐ、せんだいメディアテークのプロジェクト。

 

———————————

主催:せんだいメディアテーク(公益財団法人 仙台市市民文化事業団)

助成:損保ジャパン日本興亜「SOMPO アート・ファンド」(企業メセナ協議会 2021 Arts Fund)

協力:新浜町内会、貞山運河研究所、東北生活文化大学、岡田児童館、

お問い合わせ:せんだいメディアテーク企画・活動支援室 TEL 022-713-4483

 

Tag:

記事のステータス

プロジェクト

アーティスト:川俣 正 世界的に活躍するアーティスト川俣正氏によるプロジェクト。その作品制作に向けたリサーチを開始しました。これまで世界各国で取り組んできた数々のプロジェクトの実績を活かし、仙台ならで…

プロフィール

1953年北海道三笠市生まれ。1982年第40回ヴェネツィア・ビエンナーレ、1987年ドクメンタ8ほか出品多数。2005年横浜トリエンナーレ総合ディレクター。1999年東京藝術大学先端芸術表現科主任教…