>イベント > TALK「増え続けるゴミと格闘する」

TALK「増え続けるゴミと格闘する」

2016年10月30日

fuji-hiroshi-talk-01

TALK 藤 浩志「増え続けるゴミと格闘する」

青年海外協力隊員としてパプアニューギニアに赴任し、自然との深い関わりの中で、物々交換で成立する地域経済を体験しつつ暮らした。
2年を経て帰国した時に抱いた違和感は、パッケージ類を含む大量のゴミを排出しながらの生活が強いられている状況へのものだったと思う。
1980年代はコンビニ、ペットボトル飲料、ほか弁、お茶、水の販売などがはじまり、消費が加速した時代だった。
1997年、福岡県の糸島という海沿いの田舎町の広い農家を借りて暮らし始め、都市部での生活から解放されたのがきっかけだったと思う。
そんな田舎暮らしでさえ、溢れるパッケージ類に入った商品を購入し続ける罪悪感から逃れることができない。
そんな違和感に正面から向き合うことを決心し、当時3歳と5歳の娘たちと妻とともに家庭生活の廃棄物を捨てない実験「家庭内ゴミゼロエミッション」をはじめてしまった。
その結果、おびただしい量の廃棄物と格闘することになる。それから20年の格闘の歴史をお話しします。

 

日 時:2016年12月5日(月)19:00〜20:30
会 場:せんだいメディアテーク7階 スタジオb
出 演:藤 浩志
入場料:無料
定 員:40名(先着)

主催:せんだいメディアテーク(公益財団法人 仙台市市民文化事業団)
協力:仙台市環境局ごみ減量推進課
◎当イベントについてのお問い合わせ
せんだいメディアテーク 企画活動支援室
TEL:022-713-4483
E-mail:artnode@smt.sendai.city.jp

 

——————————-

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-03-22-16-19-47

「アートノードとは」 https://artnode.smt.jp/

「アートノード」とは2016年度よりスタートした

「せんだい・アート・ノード・プロジェクト」の略称です。

「優れたアーティストのユニークな視点と仕事」と、

地域の「人材、資源、課題」をつなぐ、せんだいメディアテークのプロジェクトです。

 

 

Tag:

記事のステータス

プロジェクト

現代アートやその周辺領域で活動されている方をお招きし、自身の制作での経験に基づいた考えをお話しいただくトークイベントです。せんだいメディアテークが、仙台で活動するパートナーとともに開催します。アートは…

プロフィール

美術家 プロジェクトディレクター 1960年鹿児島生まれ。京都市立芸術大学在学中地域社会を舞台とした表現活動を志向し「京都情報社」を設立。京都市内中心市街地や鴨川などを使った「アートネットワーク&#8…