>プロフィール > 石井大一朗(いしい・だいいちろう)

石井大一朗(いしい・だいいちろう)

2018年12月21日

石井大一朗(いしい・だいいちろう)

 

設計事務所勤務後、阪神淡路大震災が契機となり、まちづくり会社を設立するとともに、慶應義塾大学大学院でコミュニティ政策を学ぶ。その後、神奈川県を中心に在宅福祉のまちづくり活動の支援を行う認定NPO法人市民セクターよこはまの理事として、協働に関する委員や、食事サービス連絡会の事務局等を担う。また横浜市市民活動センター副センター長等を担い、NPOやボランティア支援に従事。東日本大震災後は、岩手県大槌町や福島県二本松市においてNPO活動や地域交流拠点づくり支援に5年間従事。2015年宇都宮大学着任。2013年〜2015年ヨコハマアートサイト審査員。2児の父、趣味は、地域資源起こし、まち歩き、保護者会活動、SUP、娘とギュー。

Tag:

プロジェクト

現代アートやその周辺領域で活動されている方をお招きし、自身の制作での経験に基づいた考えをお話しいただくトークイベントです。せんだいメディアテークが、仙台で活動するパートナーとともに開催します。アートは…

イベント

2018年1月23日(木)15:00〜17:00 入場無料 定員:35名/先着順  会場:みやぎNPOプラザ 第2会議室
出演:佐東 範一(三陸国際芸術祭プロデューサー NPO法人JCDN 代表)、小岩秀太郎((公社)全日本郷土芸能協会 理事・事務局次長)、石井 大一朗(宇都宮大学地域デザイン科学部 准教授)