>プロフィール > 佐東範一(さとう・のりかず)

佐東範一(さとう・のりかず)

2018年12月21日 (更新:2018年12月20日)

佐東範一(さとう・のりかず)

三陸国際芸術祭プロデューサー NPO法人JCDN 代表

1980 年-1994 年舞踏カンパニー「白虎社」にて舞踏手兼制作者として活動。1996 年より 1 年間ニューヨーク・ダンス・シアター・ワークショップにてアーツマネジメント研修。 1997 年アメリカ・インドネシア・日本に跨るトライアングルアーツプロジェクト参加。2001 年 4 月 NPO 法人 JCDN として活動を開始。日本全国で社会とダンスを繋ぐ活動を行 っている。2011 年東日本大震災以降三陸に通い、2013 年より三陸の郷土芸能を外 のアーティストが習う「習いに行くぜ!東北へ!!」を開始。その活動を通して三陸の芸能 の独創性や完成度の高さに感銘を受け 2014 年「三陸国際芸術祭」をスタートさせた。

 

三陸国際芸術祭

https://sanfes.com/

NPO法人JCDN(ジャパン・コンテンポラリー・ダンス・ネットワーク)

http://jcdn-web.org/

Tag:

プロジェクト

現代アートやその周辺領域で活動されている方をお招きし、自身の制作での経験に基づいた考えをお話しいただくトークイベントです。せんだいメディアテークが、仙台で活動するパートナーとともに開催します。アートは…

イベント

2018年1月23日(木)15:00〜17:00 入場無料 定員:35名/先着順  会場:みやぎNPOプラザ 第2会議室
出演:佐東 範一(三陸国際芸術祭プロデューサー NPO法人JCDN 代表)、小岩秀太郎((公社)全日本郷土芸能協会 理事・事務局次長)、石井 大一朗(宇都宮大学地域デザイン科学部 准教授)