>グラビア > グラビア 浅野友理子

グラビア 浅野友理子

2021年04月22日 (更新:2021年4月5日)

「庭の球茎から島をなぞる」 2021/木製パネル、和紙、油彩、岩絵具、水干絵具/1303×970cm

 

ジャーナル8号では、作家・浅野友理子さんの作品を掲載しています。

地域に自生する植物や、東北に伝わる食文化のリサーチを経て絵画の制作に取り組む作家。本作は、幼少期から幾度となく訪れている松島湾に浮かぶ浦戸諸島にフォーカスした新作で、オニユリや浜昼顔、タブノキといった島に生息する植物と、養殖の牡蠣ロープや魚が絡まり合い、イヌサフランのピンクの花弁のなかに、自然の豊穣と複雑さが包み込まれているかのようです。

※2021年3月27日(土)〜4月25日(日)まで、ビルド・スペース(塩竈)で開催の個展で本作を展示予定。

 

浅野友理子(あさの・ゆりこ)

1990年宮城県生まれ。東北芸術工科大学大学院修士課程芸術文化専攻洋画研究領域修了。

食文化や植物の利用について尋ね歩き、記録するように描いている。

2020年塩竈市のビルドスペースにて個展「植物をしたためる」を開催。2020年「山形ビエンナーレ」、2019年青森県立美術館「青森EARTH2019」に参加。

2020年「VOCA展2020」大原美術館賞受賞。

Tag:

プロジェクト

アートノードの動きを広く伝えるとともに、アートが東北の人・資源・課題と接続するためのアクティビティについて話題提供を行う発行物です。  

その他

「アートノード」の情報誌、「アートノード・ジャーナル」8号を発刊しました! 今号では、コロナ禍においても発信を続けるアーティストの取り組みに目を向けました。東北各地で開催された現代アートの展覧会につい…

プロフィール

1990年宮城県生まれ。東北芸術工科大学大学院修士課程芸術文化専攻洋画研究領域修了。 食文化や植物の利用について尋ね歩き、記録するように描いている。 2020年塩竈市のビルドスペースにて個展「植物をし…