>グラビア > グラビア 宮崎夏次系

グラビア 宮崎夏次系

2018年10月10日 (更新:2018年10月10日)

 

「もっこり」 2018

今回のジャーナル4号では、宮城県在住の漫画家・宮崎夏次系さんによる描き下ろし作品を掲載しています。

ともするとルーチンと化す毎日の生活の中で、アートと出会うこと、そしてその衝撃を、勢いあふれる鮮やかな画面で表現されています。

「街中にある透明なフィルム、線の向こう側、はみ出す、滑稽なゆがみ、見慣れた風景に違和感、異物混入、暴発、ナンセンス、あいた穴だけが残る。− 宮崎夏次系」

 

宮崎夏次系(みやざき・なつじけい)

1987年宮城県生まれ、在住。宮城県宮城野高等学校美術科を経て、多摩美術大学美術学部絵画科版画専攻卒。第56回ちばてつや賞(2009年)一般部門に応募した『赤い朝』で準入選受賞をきっかけに、『夕方までに帰るよ』(講談社)で月刊漫画雑誌デビュー。キャラクターの繊細な感情や機微を、丁寧かつ鮮明に描く作風で広い層から熱烈な支持を集める。最新刊に、高校時代の機構をモチーフにした『なくてもよくて絶え間なくひかる』(小学館、2018年8月発行)のほか、『培養肉くん』1巻(KADOKAWA、2018年9月28日発行)がある。

Tag:

プロジェクト

アートノードの動きを広く伝えるとともに、アートが東北の人・資源・課題と接続するためのアクティビティについて話題提供を行う発行物です。  

その他

  「アートノード」の情報誌「アートノード・ジャーナル」4号を発刊しました! 表面は、宮城県在住の漫画家・宮崎夏次系さんの描き下ろし作品です。 中面には、川俣正さんの「仙台インプログレス」の…

プロフィール

宮崎夏次系(みやざき・なつじけい) 1987年宮城県生まれ、在住。宮城県宮城野高等学校美術科を経て、多摩美術大学美術学部絵画科版画専攻卒。第56回ちばてつや賞(2009年)一般部門に応募した『赤い朝』…