>イベント > 【オンラインイベント】TALK「50年前の旅日記を読む」開催します

【オンラインイベント】TALK「50年前の旅日記を読む」開催します

2021年09月21日

 

TALK 「50年前の旅日記を読む」

 

■ イベント概要

ゲストである高橋親夫さんは、1972年、4月4日に横浜港を出航してから、ヨーロッパ、北アフリカ、中東、アジアへ、7カ月半に及ぶ一人旅を実施。
日本へ帰国後は、その旅の中で欠かさず綴った膨大な量の日記と写真を、紀行文「未明行路」としてまとめました。
今回のオンラインイベントでは、写真家の小岩勉さんもお招きして、高橋さんの旅路を振り返りながら、旅の魅力や記録する行為について紐解くトークを2回に渡って開催いたします。

■ 配信日時

第1夜:旅日記の魅力、この旅のはじまりは?
2021年9月25日(土) 18:30〜

第2夜 :旅が長くなってくる、旅のおわりの予感…
2021年10月2日(土) 18:30~

■ 参加費/申込

無料/申込は必要ありません

■ 参加方法

配信時間になりましたら下記YouTubeチャンネルより動画をご視聴ください
喫茶frame:https://www.youtube.com/channel/UCdGNiecWEj24g8fYhoeDV4w

 

■ ゲストプロフィール

◉ 高橋親夫 Chikao Takahashi

1947
仙台市生まれ
1974
1級建築士
2011
第36回JPS展入選
2015
京都造形芸術大学写真コース卒業
「3がつ11にちをわすれないためにセンター」活動参加
写真集『あの日につづく時間 2011・3.11』出版
〈個展〉
2015
「復興大地」ニコンプラザ仙台フォトギャラリー
2017
「タイル・ルート・トタン」せんだいメディアテーク
「神々のハマドオリ」SARP
2018
「マテリアル」SARP
2019
「数は語る」SARP
2020
「地上を移動する目・上空からの視線」SARP
〈グループ展〉
2015
『星空と路』「浪江のきた道・ゆく道」せんだいメディアテーク

 

◉ 小岩 勉 Tsutomu Koiwa

写真家
1962 年 岩手県一関市生まれ。
宮城教育大学教育学部卒東北造船の労働運動などのドキュメンタリーを撮影後、
原発のある女川を長期で取材。
街と生活を写真で記録する市民参加型の出版活動を、仙台市で5年、本吉町で11年続ける。
2015年、細倉鉱山を記録した寺崎英子(故人)から託されたネガを、デジタルアーカイブすると共に、 2019年までに4つの展示と巡回展をキュレーション。写真集出版を目指している。
写真集に「女川海物語」、「野守の鏡」ほか。
現在、宮城教育大学、東北芸術工科大学、会津大学短期大学部等の非常勤講師

 

—————————–

企画運営:喫茶frame
主催:せんだいメディアテーク(公益財団法人 仙台市市民文化事業団)

—————————–

 

【関連イベント】

「高橋親夫 未明行路 展」
2021 年9月より、喫茶frame 内壁ギャラリーにての展示も併せて開催されます。
高橋親夫さんが執筆された紀行文「未明行路」や当時の写真などを展示しています。

場所:宮城県仙台市青葉区錦町1-12-7門脇ビル1階 喫茶frame
時間:月曜定休日11時〜19時
Twitter:喫茶frame  https://twitter.com/kissaframe

 

Tag:

記事のステータス