>イベント > TALK Hideyuki Katsumata × 古川 貴司 公開制作&トーク

TALK Hideyuki Katsumata × 古川 貴司 公開制作&トーク

2019年01月25日 (更新:2019年1月25日)

Hideyuki Katsumata (アーティスト)

古川 貴司   (摺師 / ZIGAME PRINTING)

聞き手&進行 菊地 充洋(analog代表)

 

2019 年 3月 9日(土)13:00 – 18:00

13:00 – 17:00 公開制作 (ライブペイント&シルクスクリーンライブプリント)

17:00 – 18:00 トーク

 

参加費 2000円 (A4ポスター付) / 定員30名(要事前申込み)

当日ご希望の方にはご持参いただく布地(Tシャツやトートバックなど)へのシルクスクリーンライブプリントを行います。(参加費別)

※布地の形状によってはプリントできない場合もございます。

 

会場 analog (仙台市若林区六丁の目西町2-26)

地下鉄東西線【六丁の目駅】 『北1出口』徒歩5分 ※駐車場はありませんので、 近隣の有料駐車場をご利用ください。

———–

このトークについてのお申し込み・お問い合わせ

TEL  022-290-9655(菊地) ※火・木(定休)

E-mail  info@analogpress.net

———-

せんだいメディアテークが2016年度よりスタートした新事業「アートノード」の トークシリーズ。

今回はイラストと版画の行く末について、アーティストHideyuki Katsumataさん 版画工房ZIGAME 古川貴司さんのお二人による公開制作を交えたトークを行 います。 公開制作では、ライブペイントとライブプリントを複合させる実験を行います。 その後、トークでは、お二人の個々の活動から、外国へ向けた発信や関わりにつ いてうかがいます。ぜひ生の制作(製作)の現場を見にお越しください。

※会場では、来場者持込品へのライブプリント、限定オイルライターへのライブ 彫刻と販売なども行います。

 

Hideyuki Katsumata

東京都出身/在住。広義で日本的画風のArtist。“HANAUTAH”の産み の親。Sao Paulo / Brazil、Oakland / US、Dundee / Scotland、Nantes / France、Bangkok / Thailand等、国外のGallery / Museumでの展示、 Mural Paintを中心に活動。それに伴い “Little Dragon”や“CUZ” (Sam Dook from The Go! Team & Mike Watt from The Stooges)等に代表され るmusicianへのArtwork / Movie提供も多い。 2015年より、TRK (Thailand)とのArt Duo “STRANGER TWINS”を結成し 毎年その新作発表展をBangkokにて行っている。 2018年は香取慎吾氏のプロジェクト“NAKAMA de ART”(at帝国ホテルプ ラザ)に参加。

 

古川 貴司

東京都出身。町田にてZIGAME TOKYOを運営。これまでいくつかの版画工房 を渡り歩きシルクスクリーン技術を習得。孔版ならではの特徴を活かした技術 を盛り込む手法にて、大友昇平や丸岡和吾など様々なアーティストの作品を手 がける。美術愛好家団体「月曜美術クラブ」メンバー。

 

菊地 充洋

在仙バンド、TOTAL FURYにて ベースを担当。 十代より音楽活動を通じ各地を放浪した末、自立した暮らし方についての関心を持ち始める。
東北大学大学院工学研究科 都市・建築学専攻と仙台市による連携プログラム「せんだい・スクール・オブ・デザイン」内メディア軸 五十嵐太郎スタジオ修了。 その後、DIYプリントスタジオanalogを開業。

 

▪️アートノードについてのお問い合わせ

せんだいメディアテーク 企画・活動支援室

TEL : 022-713-4483 E-mail: artnode@smt.city.sendai.jp

http: https://artnode.smt.jp/

 

企画運営 analog

主催 せんだいメディアテーク(公益財団法人 仙台市市民文化事業団)

 

Tag:

記事のステータス

プロジェクト

現代アートやその周辺領域で活動されている方をお招きし、自身の制作での経験に基づいた考えをお話しいただくトークイベントです。せんだいメディアテークが、仙台で活動するパートナーとともに開催します。アートは…