>イベント > アートノード・ミーティング02 KOSUGE1-16と「アッペトッペ」を振り返る

アートノード・ミーティング02 KOSUGE1-16と「アッペトッペ」を振り返る

2017年01月14日

30cdc3cbe9cfa301149a318242e7703bd202aadc

アートノード・ミーティング02 

KOSUGE1-16と「アッペトッペ」を振り返る

出演 土谷 享( アーティストユニット KOSUGE1-16)

   甲斐 賢治 (せんだいメディアテーク アーティスティック・ディレクター)

2017年2月19日(日) 16:00-18:00

参加無料・申込不要・直接会場へ

会場 せんだいメディアテーク 7階スタジオa 

—————————————–

「アートノード・ミーティング」は、アートノードにまつわるあれこれを公開し、より多くの意見や視点を得て、その意義をみなさんとともに深めていくイベントです。

第2回は、アートノードが昨年展開したプロジェクト「アッペトッペ=オガル・カタカナシ記念公園」(企画制作:KOSUGE1-16)を軸に、4月からの流れを振り返ります。

仙台の大正時代の児童文化運動をテーマとしたこのプロジェクトでは、仙台に脈々と息づく歴史やつながりが掘り起こされ、展覧会に結実しました。

その過程で生み出されたもの、見えてきたものとはなんだったのでしょうか。

KOSUGE1-16の土谷享氏をゲストに迎えて振り返ります。また、アートノードが進めているこのほかのプロジェクトについても現状報告します。

「アッペトッペ=オガル・カタカナシ記念公園」展覧会ページ

https://artnode.smt.jp/katakanashi

—————————————–

KOSUGE1-16 (こすげいちのじゅうろく)

2001年に車田智志乃(くるまだ・ちしの)、土谷享(つちや・たかし)のアーティストユニットとして活動開始。

2010年「こどものにわ」(東京都現代美術館)、あいちトリエンナーレ2010など、出展多数。

せんだいメディアテークでは2006年に体験型アートイベント「青葉縁日」へ参加したほか、

2008-2009年に開催した「どんどこ!巨大紙相撲」がある。

http://kosuge1-16.com

—————————————-

お問い合わせ せんだいメディアテーク 企画・活動支援室

TEL : 022-713-4483 / E-mail: artnode@smt.city.sendai.jp

https://www.smt.jp/  https://artnode.smt.jp/

—————————————-

主催 せんだいメディアテーク(公益財団法人 仙台市市民文化事業団)

助成 損保ジャパン日本興亜「SOMPO アート・ファンド」(企業メセナ協議会 2021 Arts Fund)

—————————————-

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-03-22-16-19-47

「アートノード」とは  https://artnode.smt.jp

2016年度よりスタートした「せんだい・アート・ノード・プロジェクト」の略称です。

「優れたアーティストのユニークな視点と仕事」と、地域の「人材、資源、課題」をつなぐ、せんだいメディアテークのプロジェクト。

このミーティングも取り組みの一つです。

—————————————-

会場アクセス

当館のアクセスページをご覧ください

https://www.smt.jp/info/access/#03

写真 「アッペトッペ=オガル・カタカナシ記念公園」展示風景 (撮影:酒井耕)

Tag:

記事のステータス

プロジェクト

いわゆる現代アートでは、絵画、彫刻やパフォーマンス、プロジェクト型など、さまざまな形式をもった作品が展開されています。アートノードでも、これから複数のアーティストが仙台で滞在制作をおこなう予定ですが、…

プロフィール

2001年に車田智志乃(くるまだ・ちしの)、土谷享 (つちや・たかし)のアー ティストユニットとして活 動開始。あいちトリエンナーレ2010、2010年「こどものにわ」(東京都現代美術館)など、出展多…