>プロジェクト > 川俣正/仙台インプログレス「フローティングブリッジ」

川俣正/仙台インプログレス「フローティングブリッジ」

2022年07月29日 (更新:2022年7月29日)

フランスを拠点に国際的に活躍するアーティスト川俣正が仙台市沿岸部で展開するプロジェクト「仙台インプログレス」。「人道橋が津波で流された」という仙台市宮城野区岡田新浜地区の住人の思いをアーティストが聞いたことから始まったこのプロジェクトは、未だ橋の機能をもった作品設置は叶わないものの、今年度に橋のスタディとして《フローティングブリッジ》を制作することになりました。

一時的ではありますが、海と陸側を隔てている新浜地区の貞山運河にかつてのように歩いて渡ることができる船を使った橋が出現する予定です。これまで制作した《みんなの船》、《みんなの木道》、そして《新浜タワー》も観たり、体験したりしていただきながら、新浜地区の魅力を探るとともに、これまでの沿岸部の歩みを考えてもらえればと思います。

〇作品公開日
・2022年8月7日(日)10:00-12:30
「貞山運河の渡し舟と新浜フットパス2022」(主催:新浜町内会)内
・要申込
「貞山運河の渡し舟と新浜フットパス2022」チラシ・参加申し込み詳細(1.8MB)

 

©KAWAMATA Tadashi

 

©KAWAMATA Tadashi

Tag:

プロジェクト

アーティスト:川俣 正 世界的に活躍するアーティスト川俣正氏によるプロジェクト。津波で被災した仙台市沿岸部・新浜地区の貞山運河沿いで、「みんなの橋」設置に向けて活動します。 「みんなの橋」とは、新浜地…

イベント

貞山運河の渡し船と新浜フットパス2022|2022年8月7日 10:00−12:30|参加費 200円|定員 40名|要事前申込み