>イベント > 【7月12・13日開催】せんだいリブート「サーキュラーファイトクラブ」

【7月12・13日開催】せんだいリブート「サーキュラーファイトクラブ」

2024年07月02日

せんだいリブート「サーキュラーファイトクラブ」は、「資源循環」や「気候変動」といった問題に、手の届くところから取り組むクラブ活動です。さまざまな分野で活動する人々とともに、ワークショップを通して楽しみながら手を動かすことで、誰もが日常から複雑な課題に向きあえる自由時間です。活動紹介ブースや資料コーナー「せんだいリブートの本棚」も設置予定ですので、どなたもぜひ気軽にお越しください!

 

場所:せんだいメディアテーク7階 スタジオa
日時: 今回はこちら→7月12日(金)、13日(土)、82()3()、913()14()1011()12()、 1115()、 16()、 126()7()
各日10:30〜16:00 ※時間が決まっているイベントもあります。

企画:
①プラスチックで工作してみよう!〈企画:プラごみ部(海辺のたからもの)

7月12日(金)10:30〜16:00
7月13日(土)10:30〜16:00

身のまわりにあふれているプラスチックを使って自由に工作してみましょう。
素材や厚さ、色など、実はさまざまな種類のあるプラスチック。
くっつけたり、穴を開けてみたり、色々な加工の仕方があります。
その楽しみ方は無限大かもしれません!

 

②ミニ野菜畑を作ろう!〈企画:コンポスト部(tsugi)〉

7月13日(土) 10:30〜16:00

画像:ローカルフードサイクリング株式会社

 

生ごみを捨てずに資源として循環させることができる「コンポスト」で作った堆肥を使って、自分だけのミニ野菜畑を作ろう!
牛乳パックのプランターをお隣の雑紙部で自由に装飾して、自分だけのオリジナルプランターを作ります。
プランターが出来上がったら、コンポスト堆肥と土を入れて、種を蒔きます。
持ち帰って、野菜の成長の観察の観察を楽しみながら、自分だけのミニ野菜畑を育てていきましょう。
野菜が育ったら、収穫して食べてみよう!牛乳パックでも簡単に野菜を育てることができます。
※LFCコンポストバックの販売も行います

 

③分けて解かる!分解ワークショップ!〈企画:解体部(FabLab SENDAIFLAT-)〉

7月13日(土)13:00〜16:00

ラジカセ、扇風機などの電化製品のジャンクを自分の手で分解し、どんな仕組みや秘密があるのかをじっくり観察してみましょう。
ドライバーでネジを外すのはもちろん、電子基板のパーツ外しにもチャレンジできます。
どこまで細かくバラバラに分解できるか、一緒に挑戦してみましょう!

 

④ワケあり雑がみ部

7月12日(金)10:30〜16:00
7月13日(土)10:30〜16:00

詳細はこちらからご覧ください

入場無料、予約不要、直接会場へ
(参加希望者が多数の場合は入場を制限させていただく場合がございます)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

「せんだいリブート」って?

仙台では、プラスチックごみ問題や気候変動などに立ち向かうために、長年に渡り市民、企業、団体、行政の協働のもとさまざまな取り組みが行われてきました。今、その道のりの先に、新たな動きが生まれています。私たちはそうした機運を「せんだいリブート(再起動)」と名付け、さらに先へと、つないでいきます。

情報募集

資源循環や気候変動等の課題にすでに取り組んでいる団体・個人の情報を求めています。
活動日にスタッフにお声がけいただくか、電話・メールにてお知らせください。

お問い合わせ

せんだいメディアテーク企画・活動支援室
〒980 -0821 仙台市青葉区春日町 2 -1
Tel: 022-713-4483 Mail:artnode@smt.city.sendai.jp /Web: www.smt.jp

主催:仙台市環境局、せんだいメディアテーク(仙台市市民文化事業団)

 

Tag:

記事のステータス

イベント

せんだいリブート「サーキュラーファイトクラブ」は、「資源循環」や「気候変動」といった問題に、手の届くところから取り組むクラブ活動です。さまざまな分野で活動する人々とともに、ワークショップを通して楽しみ…