>イベント > アートノード・ミーティング06 プロジェクト 3年目のメンテナンス 〜 アートの現場づくりを語る 〜

アートノード・ミーティング06 プロジェクト 3年目のメンテナンス 〜 アートの現場づくりを語る 〜

2019年02月01日 (更新:2019年2月1日)

 

出演

佐藤 李青 アーツカウンシル東京 プログラムオフィサー

甲斐 賢治 せんだいメディアテーク アーティスティック・ディレクター

 

2019年3月13日(水) 19:00-20:45

参加無料・申込不要・直接会場へ

 

会場

せんだいメディアテーク7階 スタジオa

(仙台市青葉区春日町2-1)

 

せんだいメディアテークが、2016年にスタートさせた「アートノード」も3年目の終わりを迎えようとしています。そろそろ、これまでのプログラムを振り返りながらの「メンテナンス」も必要です。

今回は、アーツカウンシル東京のプログラムオフィサーであり、仙台市の文化プログラムの審査員もつとめる佐藤李青さんをゲストにお迎えし、東京の事例も交えながら、これからの仙台における「アートの現場づくり」について語りたいと思います。

 

—————————————-

佐藤 李青(さとう・りせい)

アーツカウンシル東京 プログラムオフィサー

1982年、塩釜市生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科(文化資源学)、博士課程満期退学。企業メセナ協議会インターン、小金井市芸術文化振興計画の策定に伴う小金井市と東京大学の共同研究グループなどを経験。小金井アートフル・アクション!実行委員会事務局長として運営組織と活動拠点の立ち上げを経て、2011年6月より現職。東京アートポイント計画、Tokyo Art Research Labの研究・開発プログラム、Art Support Tohoku-Tokyo(東京都による芸術文化を活用した被災地支援事業)を担当。ジャーナル『東北の風景をきく FIELD RECORDING』編集長。共著に『文化政策の現在』(東京大学出版会、2018年)ほか。2017年から、仙台市の文化プログラムの審査委員をつとめる。

アーツカウンシル東京  https://www.artscouncil-tokyo.jp/ja/

 

——————————————————————————

会場アクセス

  • 地下鉄 南北線勾当台公園駅下車、「公園2」出口から徒歩6分

東西線大町西公園駅下車、「東1」出口または「西1」出口から徒歩13分

東西線青葉通一番町駅下車、「北1」出口から徒歩15分

  • バス 仙台市営バス 仙台駅前- 60番のりばから「定禅寺通市役所前経由交通局

大学病院」行きで約10分、メディアテーク前下車

  • タクシー 仙台駅西口より約7分

 

詳しくは当館ウェブサイト「アクセス」をご覧ください

https://www.smt.jp/info/access/#03

 

 

——————————————————————————-

お問い合わせ せんだいメディアテーク 企画・活動支援室

TEL : 022-713-4483 / E-mail: artnode@smt.city.sendai.jp

https://www.smt.jp/  https://artnode.smt.jp/

 

主催 せんだいメディアテーク(公益財団法人 仙台市市民文化事業団)

 

—————————————-

「アートノード」とは

2016年度よりスタートした「せんだい・アート・ノード・プロジェクト」の略称です。「優れたアーティストのユニークな視点と仕事」と、地域の「人材、資源、課題」をつなぐ、せんだいメディアテークのプロジェクト。このミーティングも取り組みの一つです。

 

Photo by Fortepan

 

Tag:

記事のステータス

プロジェクト

いわゆる現代アートでは、絵画、彫刻やパフォーマンス、プロジェクト型など、さまざまな形式をもった作品が展開されています。アートノードでも、これから複数のアーティストが仙台で滞在制作をおこなう予定ですが、…