>その他 > グラビア 門馬美喜

グラビア 門馬美喜

2018年02月16日 (更新:2018年2月16日)

 

 

「Route/78 ヶ月 東京―相馬―仙台」2013-2017

東京と郷里の福島県相馬市を行き来する作家が、東日本大震災以降、変わり続ける常磐線沿線の風景を6 年半にわたって追い、都度、描きとめてきた記録性の高い絵画である。「コンニチハ技術トシテノ美術」展(せんだいメディアテーク、2017)では比較的近年に描かれた31 点が出品された。(撮影:小岩勉)

 

門馬美喜(もんま・みき)

1981年福島県相馬市生まれ。東京造形大学絵画専攻卒業。2005年より中国美術学院大学及び中央美術学院に留学し、書と山水画を学ぶ。滞在中には中国大陸縦横断をしながら各地で制作を行う。2013年より震災の影響で断念していた美術制作を再開し、2015年11月に個展「Route 故郷/被災地に通う道」(ギャラリーなつか、東京)を開催。その後の出展に「Route/59ヶ月」(2016年、トーキョーワンダーサイト本郷)、「SICF18」(2017年)、グループ展に、「被災地からの発信 ふくしま3.11以降を描く」(2016年、福島県立美術館)がある。

Tag:

プロジェクト

アートノードの動きを広く伝えるとともに、アートが東北の人・資源・課題と接続するためのアクティビティについて話題提供を行う発行物です。  

その他

「アートノード」の情報誌「アートノード・ジャーナル」3号を発刊しました